スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまゆら新・港村通信 8月9日

08-09,2011

今日はお昼間のいまゆらはお休みして、夜に、100人からなる、これからどうなる?ヨコハマ研究会(略してコレヨコ)の、会期中の書籍出版にむけた再キック・オフ大会+研究発表会でした。
うーん、皆さん街のツアーや、穴場や、空き店舗や、よくご存知です。都市への目線がそれぞれ違うので、カメラ持ちついて歩きたいです。
コーデイネーターの馬場先生が、エントランス前で売っている、リメークTシャツを購入し、さりげなくPR。上手い!見習いたい。こうやって人や活動が繋がって行くんだなーこの村は。

場所はDゾーンの倭館。
杉の板は裸足で歩いても気持ちがいいです。
今ここは、韓国ソウルのムンレ・アーテイスト・ビレッジさんと、NET-A(東亜大学石堂学術院、釜山)さん。(パスポートP11、12参照)
天井の杉の梁に、大判写真を使ったインスタレーションがもの凄くさらっと。このさりげなさ加減、センスいいかも。
スタンスに違いはあるのですが、どちらも社会にぐぐっとコミットしています。韓国でも一緒にお食事しましたが、笑顔がすてきで話しやすい方々です。レッツアクセス。


Dゾーンの広場では、
8月12日から14日まで、11時半から17時まで(14日は15時まで)
「こどもが創るこどもの村ーミニヨコアートビレッジ」
が開催されます。

見るからに楽しそうな雰囲気。ちびっ子の驚喜する様が目に浮かびます。
ちびっ子が育てた野菜でスープも飲めるし、おとなも大人族で村民になれるそう。
ちびっ子目線になって撮影したーい。

という感じでした。

0809-3-1.jpg
0809-4.jpg
0809-5.jpg
0809-1.jpg
0809-2.jpg
スポンサーサイト

いまゆら新・港村通信 8月8日

08-08,2011

さて、オープン後、どんどん始まるイベント、追加で出来ていく作品やブース。
毎日の変化が楽しい新・港村ですが、今日のメンバーは、施設外で企画や今後を練り続けています。

MLで情報交換、アイディアの検討、それと、やっぱり大事なのが人手とお金!
私たちの師匠、飯沢耕太郎先生とそのパートナー、ときたまさんから頂いたアイディアがあり、この空間で是非実現したいし、使い勝手も本当に楽!(搬出一回お手伝いしたので体感です。)

しかしコストがなぁ~(泣。

まあ、そこは私たちは社会人チーム。
できることからこつこつと、しかも楽しく現実的に。ツナゲルとまた何かが見えるように。
メンバーは皆仕事を持っています。
その点をポジティブに考え、社会人スキルを活かしていきたいです。

この二週間、設営に入り、他のアーチストのお手伝いや、村民の方々と交流をしてきました。
ここで感じたことは、「小さな未来都市~新・港村」は生き物。アートは社会を映す鏡だから、社会も生き物です。

その中で生きようとしている私たちに今、できることってなんでしょう。
アートは美術館の中と、アートマーケットの中にだけあるのではないのでは?
BankartLIFEの「都市に棲む」ってそういうことも表現している気がします。

そんなことをつらつらと考えた一日でした。
(いや、創りたいものも、撮りたいものも一杯あったのですが・・・)

いまゆら新・港村通信 8月7日

08-07,2011

0807
今日は、ブースに一人ですよ~。

落とすはずの照明でしたが、アペルト上は配置がよかったのか明るいです。
太陽光発電の空調も入れて貰え居やすいですよ。
夕方、飯沢先生が来て下さり、また来るよ~とのことです。皆さん期待しましょう。

写真にある手書きのメモ。来場された方が書いて下さり、感激しました♪

午前中にDゾーンで建築コンペの公開審査がありました。
どの案も考えさせられるコンセプトでしたが、プレゼンテーションでの写真の使い方もテクニシャン!
羨ましかったです。

さてそろそろ演劇はじまり帰りまーす。

飯沢先生ありがとうございましたm(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。