スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶

05-01,2011

BankART1929が主催するBankART School。
2011年2-3月期に行われた飯沢耕太郎ゼミも今回で5回目を迎えました。

「写真ポートフォリオをつくる」と題されたこのゼミでは写真評論家の飯沢耕太郎氏指導のもと、
年齢も経歴も全く異なる参加者がポートフォリオの完成を目指し制作を行ってきました。

撮る被写体も違えば各自の作風も様々でしたが、
写真を並べ眺め言葉を添え流れを編み上げていく行為は
このゼミでしか経験できない貴重なものでした。

また、東北関東大震災という史上稀に見る大災害がゼミの期間中に起こったことも、
私達参加者にとっては非常に特別な出来事でした。

“展示をしてみたい”という気持ちはゼミの当初から持ち合わせていましたが、
この体験を期にひとつのコンセプトのもと滞在制作及び展示をこの度行う運びとなりました。

そのコンセプトとは「日常の検証」。

3月11日以前の私達は、安定した日常が当たり前に存在する中で制作を行ってきました。
しかし、今はもう違います。日常は非日常へと反転し、
非日常だと思っていた日常を今、私達は生きています。

そもそも、“当たり前と思っていた日常”とはなんだったのか。今はもうないのか。
それは私達が常に作り出していくものなのではないか。
そんなことをスタジオ滞在中、皆で話し合い制作や展示を行っていきたいと考えています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。